トリカーリオン拡張:ダルガードアカデミーのプロトタイプルール、アカデミー部分の和訳メモです。ソロルールはこれから。機械翻訳かけただけなので、日本語が怪しいところがあります。なんとなく読める程度のクオリティなのであまり期待しないでください。画像はBGGより拝借しました。

内容物

  • アカデミーボード : 1
  • 教室タイル : 12
  • 練習室タイル : 12
  • 弟子の秘訣タイル : 16
  • アカデミー荒廃タイル : 6
  • 新たな予言 : 3
  • プレイヤーコンポーネント (プレイヤー毎)
    • 弟子の拡張ボード : 1
    • 弟子のキャラクターディスク : 1
    • アカデミーの配置カード : 1
    • アカデミーマーカー : 4(シンボル毎に1)
    • 追加のトリックマーカー : 4 (シンボル毎に1)
    • バナー: 12
  • 新たなマジシャンカード : 4
  • 新たなマジシャンのポスターカード : 4
  • ソロモード「ダルガードの後継者」でのみ使用するコンポーネント
    • 後継者ボード : 1
    • ラウンドセットアップダイス : 5
    • ラウンドセットアップマーカー : 2
    • ソロ公演カード : 15
    • 後継者の計画カード : 9
    • 難易度設定マニュアル : 1

トリカーリオン:ダルガードアカデミーのルールは、裏通りルールでプレイすることを前提としています。 トリカーリオン:ダルガードアカデミーはダルガードギフト拡張「マジシャンパワー」や「マジシャンの決闘」と組み合わせることができますが、新しい拡張のすべての機能をマスターするまでマジシャンパワーを外してプレイすることをおすすめします。

基本ルールの変更

  1. ゲーム終了時の得点計算の変更:残ったトリカーリオン石の破片、コイン、特別な配置カード、及び各名声レベル36のトリックから得られる名声点は、それぞれ最大20名声点を上限とします。カード毎に最大20名声点、また残った破片、コイン、特別は配置カードそれぞれ最大20名声点をもたらします。これは基本ルールの変更であり、アカデミーなしの裏通りルールでのプレイ時に適応することを提案します。
  2. トリックマーカーの制限:アカデミー(訳者注:アカデミールール?)でプレイするとき、トリック毎にプレイヤーが持つことのできるトリックマーカーは最大5枚になります。
  3. ダウンタウン、マーケット、裏通りに及ぼす全ての効果は、アカデミーにも適応されます。

準備

  1. アカデミーボードをメインゲームボードの左側に置きます。
  2. ルインタイルをA,B,Eと記された教室と練習室の上に置きます。
  3. 教室タイルと練習室タイルをレベル毎に分け、アカデミーボードの近くに6つの山にして置きます。
  4. 弟子の秘訣タイルをシャッフルし、裏向きで山札を作り、アカデミーボードの隣に置きます。
  5. 弟子の秘訣タイルを2枚を表に向け、アカデミーボードの指定された場所に表向きに置きます。
  6. 新しい予言を裏向きの予言トークンと一緒にシャッフルします。
  7. 各プレイヤーは、アカデミーの配置カードを手札に追加します。
  8. 各プレイヤーは、弟子の拡張ボードとキャラクターディスクを追加で持ち、通常のスタートアップの設定に加えます。
  9. 各プレイヤーは、全てのバナーを持ちます。
  10. 各プレイヤーは、ゲームをコインを2コイン多い状態(1stプレイヤーから12/14/16/18)で開始します。
  11. 各プレイヤーのゲーム開始時の名声点を3(5から変更)にします。

新しいキャラクター:弟子

pic4157486

各プレイヤーは新しいキャラクター「弟子」で始まります。 このキャラクターはアクションポイントの値が可変で、拡張ボード上には3つのスキルタイルを置くスペースがあります。 キャラクターのアクションポイントの値は、自分の拡張ボードに置かれている弟子の秘密タイルの隣に表示されている数字の中で一番大きい数字になります。タイルが1枚もない場合は、アクションポイントは 1 になります。アクションポイントの値はキャラクターを置く時に計算されるため、同じラウンドでアクションポイントを増やした場合、増やした値を使うことができます。 さらに弟子は、拡張ボードのすべてのスキルタイルに記されたすべての能力が使用可能です。「ラウンド終了」フェーズでは給与を支払います。弟子の給与は拡張ボード上の弟子の秘密タイルのある隣の数字の中で一番数字の大きい給与ですが、タイルがない場合は 0 になります。

新しいロケーション:アカデミー

pic4178095

アカデミーは配置カードのある新しいロケーションです。 他のすべてのメインボードのロケーション(シアターを除く)と同じく 2/1/1/0 のアクションポイントスペースがあります。2 - 3人プレイ時は、他のシアター以外のロケーションと同様に、1アクションポイントスペースの2箇所または1箇所がブロックされます。マジシャンの決闘ルールを適応する場合(必要なコンポーネントはダルガードギフトの中に含まれています)、アカデミーは裏通りと同じスペースを覆います。

注意:2人プレイ時は、未使用のスペースをカバーするために木製のトークンが10枚必要ですが、各色には9色しかありません。

シアター以外の他のロケーションと同様に、トリカーリオン石の破片を1つ支払うことで、追加アクションポイントを1つ得ることができます。

アカデミーでは、4種のアクション(それぞれ2アクションポイント)を選択できます。

pic4178094

改修

アカデミーには数多くの使われていない舞台袖(run down wings?)があり、教室や練習室を作り直すことができます。ボード上のスペースには、各レベルの改修工事にかかる費用と、どのくらいの名誉が与えられるかが示されています。レベルは、舞台袖が改装後どのように豪華で壮大に見えるかを決定し、高いレベルではより多くの名声報酬を与えます。また、早期に改装するほど、アカデミー全体像に貢献できます。これはバナーを多く置くことで表現します。

  1. 改修アクションを実行するとき、空の舞台袖を1つ選択します。
  2. そのタイル上のレベルを1つ選択し、名声レベルの制限に従います。
    • レベル1の改修は、名声レベル1
    • レベル2の改修は、名声レベル16
    • レベル3の改修は、名声レベル36
    プレイヤーは現在の名声点以下の名声レベルでの改修を選択するかもしれません。 トリックの習得時と同様に、あなたは改修に必要な名声レベルと名声点の差をカバーするために追加でコインを支払うことができます。これは改修コストに加えます。
  3. 対応する名声レベルの改修コストを支払い、名声点を獲得します。
  4. 支払った名声レベルに一致するタイル(教室か練習室)を選択し、その場所に置きます。
  5. 新たに置いたタイルの隣にバナーを置きます。(注意:あなたのサプライのバナーの数が配置する数よりも少ない場合、できるだけ多くを置きます。)
    • 1/2ラウンド:バナーを4つ置く
    • 3/4ラウンド:バナーを3つ置く
    • 5/6ラウンド:バナーを2つ置く
    • 7ラウンド:バナーを1つ置く
    • 重要:プレイヤーが最後のバナーを置くと、他のプレイヤーはそれぞれ未使用のバナーを1つ、箱に戻します(置くことが出来る個数が減ります)。もし、この時に他のプレイヤーが未使用のバナーを1つも持っていない場合は、戻しません。

ゲームの終了時、改修タイルにバナーを置いているプレイヤーはボーナスポイントを獲得します。

  • 4人プレイ時、置いているバナーの数が多いプレイヤーが1位、次に多いプレイヤーが2位のように、プレイヤーは15/10/5/0の名声点を獲得します。
  • 3人プレイ時、同様に12/6/0の名声点を獲得します。
  • 2人プレイ時、多くバナーを置いているプレイヤーが8名声点を獲得します。
  • 同数の場合、同数だったプレイヤーは低い方の名声点を獲得します(4人プレイ時にバナーが3/3/2/1だった場合、獲得する名声点は10/10/5/0です)。2人プレイ時に同数だった場合は名声点を獲得できません。
  • 注意:バナーを全く置いていないプレイヤーは、常に0点です。

練習

練習アクションを行うと、自身の習得済みのトリックを1つ選び、改修済みの練習室タイルの空きスロットにそのトリックのアカデミーマーカーを置きます。

  • 練習室スロットから別の練習室スロットへアカデミーマーカーを移動することができます。
  • 教室から練習室へアカデミーマーカーを移動させることはできません。
  • 練習室に置くトリックは、コンポーネント要件を満たす必要はありません (実際には、4つのアップグレードのうちの1つが上記の要件を下回ります)。
  • 他のトリックの為に、自分のアカデミーマーカーを戻し、スロットを解放することもできます。

練習室のタイルには4種類のアップグレードがあります:

  • トリックのコンポーネント要件を3コイン分、自由に無視することができます。
  • トリックマーカーを公演カード上に準備やリスケジュールするとき、トリックマーカーを任意の方向に向けることができます
    (訳者注 : 「サークルにトリックカテゴリーを入れなければならない」制限の無視かな)。
  • トリックの仕込を行うとき、追加のトリックマーカーを1つ得ます(エンジニアの効果と蓄積します)。
  • トリックの報酬に1コイン1名声点が追加されます(曜日補正に累積します)。

指導

指導アクションを行うと、自身の習得済みのトリックを1つ選び、表向きの教室タイルの空きスロットにそのトリックのアカデミーマーカーを置きます。

  • 練習室から教室へアカデミーマーカーを1つ移動させることができます。
  • 教室から別の教室へ、アカデミーマーカーを1つ移動させることができます。
  • 教室に置くトリックは、置くときにコンポーネント要件を満たしている必要があります。
  • 従って、練習室タイルに配置できる条件のみで置かれているマーカーは、教室タイルに移動させることが出来ません。
  • 他のトリックの為に、自分のアカデミーマーカーを戻し、教室スロットを解放することはできません。

ゲームに、公演フェーズの後、賃金を支払う前に、教室フェーズが追加されます。これについては後で詳しく説明します。 教室タイルのトリックに関するいくつかの追加ルールは以下の通りです:

  • 教室タイルにあるトリックは、ワークショップで仕込むことが出来ません。
  • 教室タイルにあるトリックは、シアターで準備することが出来ません。しかし、教室タイルにトリックを置いたときに既にシアターで準備済みのトリックは、次の教室フェーズまで維持されます。
  • 教室タイルにあるトリックがコンポーネント要件を満たさなくなった場合であっても、教室タイルからマーカーは外されません(通常、これはマネージャーのスロットからコンポーネントを外した際に発生します)。
    (訳者注 : と、ルールには書いてあるけど、コンポーネントの返却が許されているので、その場合でも同様かな?と思います)
  • 教室にあるトリックがダルガード邸に返却された場合、そのマーカーも教室タイルから取り外されます。これは教室からマーカーが取り除かれる唯一の方法です。

秘訣の習得

pic4178611

このアクションは、アカデミーに割り当てられたワーカー1つにつき1回しか使用できず、少なくとも1つの利用可能な秘訣タイルが存在する場合にのみ実行できます。

利用可能な(1つか2つある中から)秘訣を1つ取り、それを弟子の拡張ボードに置きます。弟子はすぐにこれらの能力を使用することが出来ます。 弟子は最大3つの秘訣を持つことができ、新しい秘訣を解除すると、アクションポイントの値(および給料)が増加します。

弟子の拡張ボードが埋まっている場合、秘訣を破棄し、別のものを取ることが出来ます。

メモ:新しい秘訣を習得するために弟子を送る必要はありません。弟子を他のロケーションに送る前に別のキャラクターを送って、追加のアクションポイントを得ると良いでしょう。

メモ:弟子の給与は給与支払いフェーズで決定されます。これは、たとえ秘訣を習得する前に弟子を使用していたとしても、あなたが新しい秘訣を習得するラウンドでこれらの賃金が高くなることを意味します。

新しいフェーズ:教室フェーズ

教室フェーズは、第7ラウンドを除く全てのラウンドの公演フェーズの後、ラウンド終了フェーズの前に行います。教室に2番目のシンボルマーカーがある各トリックについて、教室フェーズで次のすべてを実行します。

  1. すべての対応するトリックマーカーを所有者のサプライに戻します(トリックカードと公演カードの両方から)。
  2. 所有者は、トリックが置かれている教室タイルのスロットに記されているトリック報酬の一部を得ます。
    • トリックのコインと名声の報酬はそれぞれ1ずつ減少し(コインと名声点共に最小値は0まで)、トリカーリオン石の破片は得られません(トリックにそれらが記されていたとしても)。
    • トリックのコインの報酬が名声レベルに基づき 1/2/3 追加されます。
    • トリックの名声点の報酬を得ます。
    • トリックのトリカーリオン石の破片の報酬が、名声レベルに基づき 1/2/3個 追加されます。
  3. 教室タイルの両方のスロットが埋まると、そのタイル上のトリックのそれぞれの所有者は、それらの間に記されている 人気講義ボーナス も得られます。

注意: 1人のプレイヤーによって教室タイルの両方のスロットが埋られた場合、ボーナスは1度しか得られません。

新しいマジシャン

この拡張では4つの新しいマジシャンがあり、それぞれが既存の得意なトリックカテゴリの1つです。

  • バーナード教授(脱出):各教室フェーズで、教室にある自身のトリックから1つを選択し、教室タイルが提供するものではなく、そのトリックの完全な報酬を受け取ることができます。
  • グリート・ヴァン・オーギュスタン(機械):名声レベルの制限なしで改修することができます。 改修を行うたびに破片を2個 得られます。
  • ルーメニア・ザ・レイディエント(幻視):公演カードにトリックマーカーを置くとき、リンクボーナスが1増加する(コインまたは名声点を2/3/4)。
  • アンジャリ(精神):配置フェーズ中に、あなたは見習いの1人に1コインを置くことができます。この見習いは、このラウンドの弟子の秘訣が1つ追加されます(追加のアクションポイントはありません)。そのキャラクターを送る時にコインを捨て、キャラクターが休息するのであればコインは保持されます。

新しい予言

  1. 改修するとき、改修したレベルに応じて 追加の2/4/6 の名声点を得ます。
  2. 教室にトリックを置くとき、直ちに教室の報酬を得ます。
  3. 練習室にトリックを置くとき、直ちにトリックの名声レベルに応じて、2/4/6 のコインを得ます。

ラウンドの終了

習得されなかった秘訣タイルを捨て、次のラウンドで習得できる2枚の新しいタイルを置きます。また、プレイヤーの数に応じて、いくつかの荒廃タイルが取り除かれます:

  • 2人プレイ時、4ラウンド目の終了時にE表記のスペースの荒廃タイルを取り除きます。
  • 3人プレイ時、3ラウンド目の終了時にE表記のスペースから、5ラウンド目の終了時にB表記のスペースから荒廃タイルを取り除きます。
  • 4人プレイ時、2ラウンド目の終了時にE表記のスペースから、4ラウンド目の終了時にB表記のスペースから、5ラウンド目の終了時にA表記のスペースから荒廃タイルを取り除きます。

ゲームの終了

ゲームの終了では、トリカーリオン基本ゲームと同じように得点計算が行われ、改修アクションで説明されているようにバナーの多い順のポイントが追加されます。また、基本ルールの変更にもあった各得点計算カテゴリの20名声点の上限を覚えておいてください。