スターフォールは、天文学者として天体観測を行って高名な学者を目指す、ダッチオークション形式のセットコレクションなゲームです。

starfall_01
タイトル スターフォール (StarFall)
デザイナー Scott Almes
メーカー IDW Games, Pandasaurus Games (2016)
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 〜30分
対象年齢 13歳〜

ゲームの簡単なルール紹介

勝利条件

より多くの得点をしたプレイヤーの勝利です。

準備

starfall_03

星空タイルを裏向きにし、シャッフルし、山札を作ります。プレイヤー数に応じた枚数のタイルを取り除き、箱に戻します。

starfall_04 テーブル中央に天文学者ボードを置きます。
starfall_02

各プレイヤーは、得点サマリーと星屑を橙(価値5)5個、白(価値1)7個受け取ります。これで準備が完了です。

進行

ゲームは手番を順番に行い進行します。手番では以下の3種類のアクションのうち、いずれか1つを行います。

1. 星空タイルを追加する
山札から星空タイルを1枚引き、天文学者ボードへ新たに出品します。引いた星空タイルは、天文学者ボードのスペースで最も数値の高いスペースに置きます。なお、このアクションは天文学者ボードに出品されているタイルが3枚未満の場合にのみ行うことができます。
2. 星空タイルを移動する
天文学者ボードに出品されている任意の星空タイルを1つを、現在の数値から1つ低い数値のスペーシへ移動します。これにより出品価格を下げることになります。移動先に別の星空タイルがある場合、さらに低い数値のスペースに移動します。1つのスペースには1つの星空タイルしか置くことができません。
3. 星空タイルを発見する
天文学者ボードに出品されている任意の星空タイルを1つ、手持ちの星屑を支払い購入します。価格は星空タイルが置かれているスペースに対応した数値になります。
既に購入済みの星空タイル(星が描かれているもの)を支払いに充てることもできます。

ゲームの終わり

天文学者ボード上に出品されているタイルが1枚以下で且つ、山札から追加できない場合、ゲームが終了します。獲得した星空タイルと、余った星屑を得点化します。

得点サマリー
獲得最多数プレイヤー:10得点
獲得最少数プレイヤー:5失点
惑星5得点
衛星惑星と対になることで3得点
ブラックホール1つだけ獲得:5失点、2つ以上獲得:10得点
彗星獲得個数により、以下の得点を獲得
彗星の数12345+
彗星毎の得点34567
星雲各2得点と、種類によって以下のボーナスを獲得
星雲の色の種類2345
ボーナス得点491625
星屑2価値毎に1得点

リプレイ&所感

starfall_07

このゲームで気をつけなければいけない点は、お金となる星屑の使いすぎに注意すること。序盤に使いすぎると後半は地蔵プレイとなる可能性大。

私がプレイしたときは、最初のタイル購入により参考となる相場が出来、段々と各シンボルや1点あたりの相場を考えつつ、タイルの値段を下げていくという流れの展開でした。各シンボルの内訳があると、相場が付けやすくなるのかな?

見た目が綺麗なイラストだけども、ゲーム自体は非常に地味。ルールはシンプルでプレイ感も軽めだけども、ゲーム中に増えることのない限られた所持金で如何に多くの得点するかというところが悩ましく面白いゲームでした。