ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
4

サンスーシは、サンスーシ宮殿をモチーフとした、壮麗な公園を作り貴族たちに鑑賞してもらうタイル配置系のゲームです。

20151031_getbg03
タイトル サンスーシ - Sanssouci
デザイナー Michael Kiesling
メーカー Ravensburger (2013)
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 〜45分
対象年齢 12歳〜

ルール紹介

勝利条件

勝利点をより多く獲得したプレイヤーの勝利

ゲームの準備

ゲームボードをテーブル中央に置き、各モチーフのタイルをシャッフルした後に山札を10個作り、ゲームボードの10箇所ある山札スペースに置きます。さらにゲームボードの中央の8箇所のタイル置き場に山札からランダムに引いたタイルを表向きで置きます。

th_2018-09-25 00.45.42

各自、個人ボードとプレイヤーカラーの貴族コマ9個、得点マーカー1個、カード18枚を受け取ります。貴族コマは個人ボードの各モチーフの一番上にあるマスに置き、カードはシャッフルして個人の山札を作った後、カードを2枚引き手札とします。

th_2018-09-25 00.41.31

9枚ある貴族カードをシャッフルし、各プレイヤーに2枚づつ配り、秘密裏に保持します。

th_2018-09-25 00.42.18

ゲームの進行

スタートプレイヤーから時計回りに手番を順番に行って進行します。全プレイヤーが手札を使い切ったらゲームが終了します(全18ラウンド)。

手番で出来ること

以下のアクションを行います。

  1. 【必須】手札をプレイし、タイルの獲得と配置
  2. 【任意】貴族の移動と得点

以上を行った後、山札からカードを1枚引いて手札を補充し、ゲームボードのタイルを取ったスペースにタイルを補充したら、手番を終えます。

【必須】手札をプレイし、タイルの獲得と配置

まず2枚ある手札から1枚選びプレイします。カードには庭園のモチーフのアイコンや色などが記されており、それぞれそのカードに対応したゲームボードで表向きになっているタイルから獲得します。モチーフであればそのモチーフのタイルを、色であればその色のマスにあるタイルを獲得します。もし対応したタイルがない場合(モチーフのカードでのみ可能性あり)、ジョーカー扱いとなり任意のタイルを獲得することができます。

th_2018-09-25 00.46.34 th_2018-09-25 00.46.17

獲得したタイルは、個人ボードの対応したスペースに配置します。注意点として、獲得したタイルが置いてあったゲームボード上のスペースの色と同じ色の個人ボード上のスペースに置く必要があります(ex. 紫に置いてあったタイルならば紫のスペースに置く必要あり)。タイルが取られたスペースにタイルを山札から引いて補充します。

配置する際、もし既にタイルが置かれている場所のタイルを獲得した場合、裏向きでタイルを配置することができます。置こうとしたマスの縦横のラインで任意のスペースに裏向きで置くことで道をつなげることができますが、この置き方をしたタイルには貴族コマは止まることができないこと(後述)に注意が必要です。

【任意】貴族の移動と得点

個人ボード上に配置されたタイルを辿って任意のタイルに貴族を移動させ、移動先のタイルに対応した勝利点を獲得します。貴族の移動には以下のルールに従う必要があります。

  1. 移動前後で同じ縦列で止まらなければならない
  2. 移動先のタイルは移動前よりも下でなければならない

移動中は横にずれても構いません。

最終得点計算

以下の要素で得点し、合算します。

  • ゲーム中に獲た得点
  • 個人ボードで縦列がタイルで埋まっていれば1列毎に5点
  • 個人ボードで横列がタイルで埋まっていれば1列毎に 10点 - その列の側面に記載された点数
    (2の列 : 8点、3の列 : 7点、4の列 : 6点、5の列 : 5点、6の列 : 4点)
  • 各自のそれぞれの貴族カードに記されたモチーフの貴族で得点

リプレイ&所感

20160214_close09

手札を使ってタイルを取り、個人ボードに配置、その後に個人ボード上のコマを動かして得点していくという、非常に地味なゲーム。得点も特に大きく獲得することもなく小さくコツコツと稼いでいくのが基本で、他のプレイヤーへの直接攻撃とかもなく絡みがあるとするとゲームボードのタイルのピックするところくらい。そんなゲームなんだけど、じわじわと面白い。

貴族コマをどんどん個人ボードの下の方へ移動させることで得点をしていくけど、そうする為のタイルをピックするのが非常に悩ましい!タイルをピックしたマスの色と同じ色の個人ボードのラインにタイルを置かなければならないというルールと、手札が2枚しか持てないことにより、なかなかうまく繋げることが出来ず、今後出てくるだろう残りのカードの確率で、どのタイルをピックするか、非常に悩ましいことこの上なし。

ソロプレイ感が強いゲームだけど、ゲームボード上のタイルのハケ具合から人数多い方が面白いかな。パズル的要素とソロプレイ感が好みの人には当たりなゲームです。18ラウンドあるけどプレイ時間も1時間くらいで終わるので、満足度が高めのゲームだと個人的には思います。オススメ!

中古ボードゲーム[日本語訳無し] サンスーシ (Sanssouci)
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット