ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
3

ダ・ルイジは、レストランで客を怒らせないように料理を提供していくゲーム。

daluigi3
タイトル ダ・ルイジ (Da Luigi)
デザイナー Rüdiger Dorn
メーカー KOSMOS (2015)
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 〜45分

ゲームの簡単なルール紹介

daluigi1
  1. 各自、個人ボードと初期の客カード、キューブを3つ袋から引き、受け取ります。テーブル中央にゲームボードを置き、各スペースに食材となるキューブを規定数並べます。客カードはプレイヤー人数によって何枚か抜いた後、残ったカードを山札としておいておきます。
  2. ゲームは、手番を順番に行い進行します。手番では「客を招く」か「配膳」のどちらかを行います。
  3. 「客を招く」では、客カードの山札からプレイヤー人数+1枚を裏向きで引き、1枚ずつ表にめくり、めくった段階で自分を含む、いずれかのプレイヤーに渡します。受け取ったプレイヤーは、個人ボードと客カードに書かれている時間に対応した場所にカードを置き、カードに書かれている特典を得ます。他のプレイヤーには1枚しか渡せず、最終的に手番プレイヤーは2枚の客カードを受け取ることになります。配置する場所に既に客カードがあれば、押し出す形で客カードをずらしていきます。もし、店外に溢れた場合、レモンタイル(失点)を受け取ります。
  4. 「配膳」では、ゲームボード上に置かれている料理を得て、客に提供します。料理を獲得する際、料理の置かれたマスに書かれた時間を消費する場合があります。時間の消費とは、自分のレストランにいる客を右にズラすことを指します。料理を獲得したら、即時で客カードの対応したマスに置きます。客カードに置けるのに敢えてストックに残すことはできず、置けるならば必ず置かなければなりません。注文が満たせたら、その客カードは得点となり、左端のスペースに裏向きで置きます。
  5. 料理にはジョーカーな使い方が可能で、茶色は2個で、それ以外は4個でジョーカー扱いになり、任意の料理として扱えます。
  6. これらを繰り返し、山札が尽きたらもう1周手番を行い、ゲームが終わります。注文を完遂した客と、花束/レモンタイルを合計し、得点の高いプレイヤーの勝利です。

リプレイ&所感

daluigi2
★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★
会話
★ ★ ★
手番で出来ることは2択。「客を招く」か、「客に料理を提供する」のどちらか。客を招くは、自分を含め、全てのプレイヤーのところへ客が来店する。アクションを選択した手番プレイヤーが、どの客をどのプレイヤーに渡すかが決められるので、如何に嫌がられる客を相手に、良い客を自分に呼ぶかが重要。むしろ、このゲームはここが最大の見せ場なんじゃないかな。

今回は場に並んでる料理と招いた客に恵まれてサクサク捌けてトップ!正直、どの客を誰に渡すか…というのが自分には合わないかなー。嫌な客を押し付けて空気悪くなるのがなんとも。今回はワイワイ遊べるメンバーだったので大丈夫だったけども。

手番でできることは少なくてシンプルなんだけど、そこまで悩ましい場面がないので単調な展開。プレイ時間も長く感じた。KOSMOSの大箱にしては、プレイ感が軽かったです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット