ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
3

ルミスは、2つの勢力に分かれ、各々の地平線を自分たちの炎で結ぶことを目指す陣取り系のゲームです。

lumis_1
タイトル ルミス (Lumis)
デザイナー Stephen Glenn
メーカー KOSMOS (2015)
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 〜30分

ゲームの簡単なルール紹介

lumis_2
  1. このゲームは、2人もしくは4人でプレイするゲームです。4人の場合、2つのチームに分け、交互に手番が来るように座ります。
  2. 各チームは、補充カードと地形カードをそれぞれ受け取り、補充カードは各チーム2枚をボード脇に置いておきます。補充カードにはそれどれ1と4、2と3が記載されています。地形カードはよくシャッフルし山札を作り、チームメンバーに5枚づつ配ります。残りはゲームボードの脇に山札として置いておきます。
  3. ゲームは手番を順に行って進行します。手番では、下記4つのアクションのうち1つを選択して実行します。
  4. 「手札を補充」では、自チームの補充カードを選び、選んだカードに書かれている数字分、山札から手札を補充します。その後、選んだ補充カードはひっくり返します。
  5. 「手札をチームメンバーに渡す」では、手札の補充のときと同じ要領で、補充カードを選び、選んだカードに書かれている数字分、自分の手札からチームメンバーにカードを渡します。その後、選んだ補充カードはひっくり返します。
  6. 「塔を建てる」では、炎をひく為の起点となる塔を建てます。塔を建てる場所と同じ地形カードをプレイすることで塔を建てることができます。また、地平線上に塔を建てる場合は、任意のカードをプレイすることで建てることができます。また相手チームの塔を乗っ取ることも可能です。ただし条件があり、炎が連結されていないことと、現状の塔の段数よりも1枚多いカードをプレイする必要があります。
  7. 「炎をひく」では、塔と塔の間に炎をひくことができます。炎を配置する地形と同じ地形カードをプレイすることで炎をひけますが、一度に完成させなければなりません。つまり、途中で止めることができないということです。
  8. これらを繰り返し、自チームの地平線同士をいち早く炎で結んだチームの勝利となります。

リプレイ&所感

lumis_3
★ ★ ★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★ ★ ★
会話
★ ★ ★ ★ ★
4人でのペア戦でプレイ。

まずは炎をひく前に塔を立てる。最初はどこから引けばよいかは全く情報がないので、ボードの中央付近に塔を立てていく。といっても、手札がそんなに揃っていなく、そもそも炎をひくほどの手札がないことに気がつき、塔は立てたものの、両チームとも手札補充に走る。

手札が潤沢になったところでいよいよ本番。徐々に炎を引き始める。互いに相手の塔と塔の間を遮断するようにひく展開。まぁ、このゲームだとこういうことだよねーなんてことを言いつつも、内心「ぐぬぬ・・・。」状態だったり。なかなか手札が揃わなくてモヤモヤしたりと、なかなか楽しめた。

相方さんとなんとか手札補充の順番をうまく調整して、手札を揃えられた我々黄色チームが無事横断に成功して勝利。コマのハマり具合があまりよろしくないのが残念だけども、面白かった。ただ、2人だとカードの引き運だけになってしまうかも?と思うのだけど、実際のところどうなんだろう?

カード使ってラインをひいていくってところが、チケライに似てるかなーと個人的に思いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット