ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
5

キャメロットを覆う影は、 プレイヤーは円卓の騎士となり、キャメロットに迫り来る脅威に打ち勝つため、結託して戦う協力型のゲームです。

camelot01
タイトル キャメロットを覆う影 (Shadows over Camelot)
デザイナー Bruno Cathala
Serge Laget
メーカー Days of Wonder (2005)
プレイ人数 3〜7人
プレイ時間 〜90分

ゲームの簡単なルール紹介

camelot02
  1. 各プレイヤー、担当するキャラクターを選択し、キャラクターシートとプレイヤーカラーのダイスを受け取り、シートの所定の場所に4を上にして置きます。ダイスはプレイヤーのライフポイントを示します。その後、陣営を決めるため、秘密裏に緑カードを1枚受け取ります。
  2. ゲームは手番を順番に行う事で進行します。手番では「悪の進行フェーズ」「プレイヤーの行動フェーズ」の順番で行います。ゲームは終了条件が満たされるまで行われます。
  3. ゲームの終了条件は、「A. 剣が12本並べられる」「B. キャメロット城前に攻城兵器が12個出現する」「C. 全滅する」のいずれかで終了します。Aの場合、12本中過半数が白き剣だった場合、プレイヤーが勝利します。それ以外とB/Cの場合、プレイヤーは敗北します。
  4. 「悪の進行フェーズ」では、プレイヤーは以下のいずれかを行う必要があります。
    ・黒カードを引く
    ・攻城兵器を1つ置く
    ・ライフポイントを1減らす
  5. 「プレイヤーの行動フェーズ」では、プレイヤーは以下のいずれかを行います。 ・移動
    ・白カードを使用
    ・クエストのアクションを実行
    ・ライフポイントを1回復(同数字の白カード3枚捨てる必要あり)
    ・裏切り者の告発
  6. 上記の手番を繰り返し、ボード上の各クエストをクリアしていき、勝利条件を満たしたらプレイヤーの勝利になります。

リプレイ&所感

camelot03
★ ★
テンポ
会話
★ ★ ★ ★ ★

プレイヤー人数だけ拡張入れて8人でのプレイ。今回、私はパラミデス卿(クエスト報酬にライフ+1)。

開始時は黒カードを引かずにカタパルトを出現させ、白カード補充のセオリープレイ。6、7個溜まったところでいよいろ黒カードが引かれていく。序盤、ずっと聖杯クエのカードが出ず、ノータッチでゲームは進行。ピクトとサクソンを1度ずつクリア、ランスロットのクエもパーシヴァル卿がアーサー王の支援を受けつつクリア、エクスカリバーもちょっと時間がかかったけどもクリア。と、立て続けにクリアしていき白き剣が並べられていく。

「今日のなんかヌルゲー」なんて声が聞こえるくらい、すごく順調な展開。

このまま消化的にクエスト成功失敗させてゲームが終わるか?と思いきや、忘れていた裏切り者の存在。1人は最低確実にいる裏切り者だけども、今回誰一人怪しい行動をする人物がいない。プレイヤー同士が疑ってはいるけど、決定的な発言や行動がなくなかなか告発できずにゲーム終盤。ここでパーシヴァル卿が牙をむく。

不敵な笑みを浮かべながら周りのプレイヤーを告発し始めた。その行動自体がもう吹っ切れた感じ。この時を待っていたと言わんばかりの行動に満場一致で黒認定。今回判断ミスにより、下手にもう1手番生かしてプレイさせてしまったばかりに、無実のプレイヤーにさらに告発をして黒き剣を積み重ねていく行動をとらせてしまった…。これによりさっきまで余裕綽々だった盤面が一変、勝敗が五分五分に。

まずは告発して裏切り者を潰し、あとは進行中の聖杯クエをクリア。これで白き剣をゲットして、ゲーム終了フラグを切る。途中、裏切り者のパーシヴァル卿がサクソンクエを敗北確定にさせて、さらに黒き剣を増やしたりとなかなかドラマチックだった。最終的には裏切り者はパーシヴァル卿1人だけだったのでなんとか勝利。もしもう1人いたら負けてた。

協力ゲームといえば定番のパンデミックが出てくるけど、こちらはより大人数で、ちょっと長めのゲーム。各キャラクターには個々の能力があり、それらを駆使しないとゲームクリアは難しい。特にアーサー王の能力は活用しないと厳しい。また、正体隠匿要素もあり、よりやりごたえのあるゲームになっている。ただ各自ライフポイントが無くなると脱落になってしまうので、そこは賛否が分かれそうかな?

今回はメンバーにも恵まれ、裏切り者1人だけの盤面にしては白熱した戦いだった。面白かった!!


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット