ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索

お花茶屋ボドゲ会に参加しました。今回も朝9時頃から夜までガッツリと!

今回の持ち込みは、巨大キャプテンリノ、コンコルディア、アサラ、マルコポーロの足あと、ティタニア、王と枢機卿、オーレ、タマゴリッチ、ザ・ゲーム。今日は一段と物理的に重かった!

プレイしたゲーム

  • ★ ザ・ゲーム
  • 巨大キャプテン・リノ
  • ケルトタイル
  • 王と枢機卿
  • アサラ
  • ティタニア
  • オーレ
  • タマゴリッチ
  • コンコルディア

ザ・ゲーム

20150711_close07 おしくも大賞受賞にはならなかった、ノミネート作品。全員の手札を出し切ることを目指す協力ゲーム。

場には昇順と降順で出せるとこが2箇所ずつある。手番でできることは、場に任意の手札を最低2枚プレイすること。1つだけ例外として、10ぴったり違うカード(1の位が同じ)であれば遡ることができる。ルールは至ってシンプル。

で す が!

この日、計6回くらいプレイしましたが1度たりとも勝てませんでした!最高記録としては残り1枚まで行けたけども。非常に惜しい!1ゲームあたり20分くらいなので、再戦しやすいですね。

巨大キャプテン・リノ

20150711_close02 持ち込みの1つ。今日の会場が和室ということもあって、うってつけのゲーム。

意外にもキャプテンリノ自体が初プレイという方がチラホラ。確かに最近オリジナルが遊ばれているところを見ないかも…。というか、HABAが遊ばれているところをあまり見ないなー。HABA好きとしては、ちょっと残念なところ。

今回は8階建設中に倒れましたw

ケルトタイル

20150711_close03 POQでプレイして以来だから…何年ぶりだろうか。久々のプレイです。

今回は手番で引くタイルがどうも中間ばかり。他のプレイヤーは順調に端のタイルを引いてはゲットできていて、自分だけぐぬぬ…状態。

ちょっと妥協して7や8あたりで始めるも、うまく噛み合いませんでした。こういうゲームではよくある話。まさかの3点フィニッシュ。ダメすぎた。

王と枢機卿

20150711_close04 3人でプレイ。久々だったけども3人とも経験ありということで、インストは軽くおさらい程度で。

前半戦から積極的に枢機卿が置かれる展開。負けじと自分も枢機卿を置くも、自分しか修道院を置いてないエリアばかり。中間決算のことをすっかり忘れてて、修道院の多いエリアに絡めず。

後半戦も、そもそも自分が枢機卿置いているところは誰も来てくれなくて、同盟結べてたとしても得点そのものが低かったりと、伸び悩み。3人でプレイ時間30分くらいなのに、ボドゲをやった感があるよいゲーム。

アサラ

20150711_close05 マストフォローなワーカープレイスメント。

これも久々でインストぐだぐだ。建設のところのルールが間違っていたので途中で仕切り直し。

白と赤をトップ狙いで建てるも、途中マストフォローの洗礼を受けうまく中パーツが買えず。最終ラウンド開始時、黒だけ1人のプレイヤーのみ建てていることに気がついく。そうなったら、黒を低い階層でも建てないと勿体無い!と躍起になってパーツを買うも、その間に赤を増築され階層が追いつかれてしまう。白は死守するも最大階層を持っていかれて、僅差で2位。なかなか苦しい展開だった。

ディタニア

20150711_close06 久々のプレイ?あれ、もしかしたら初プレイ?ルール読んだだけで、やった気分になってただけかも。

ティタニア国王様の命を受け、塔を建てましょうというゲーム。システム的にはリソースマネジメントとネットワーク構築かな?リソースは4色の貝殻。これで塔が立つ。手番で行うことはシンプル。手札のプレイと補充。プレイ枚数と補充枚数が合計3になるように手番を行う。

今回は頑張って複数塔のあるマスで塔を建てては、ヒトデによる得点で稼いで得点トラックは先行走っていったけども、他のプレイヤーは得点チップを抱えていて、最終的に一気に抜かされてしまった。

得点チップが3〜5点というのは強いということがわかった。1人のプレイヤーに得点チップを取らせ続けるのはダメだね。

オーレ

20150711_close08 最大8人でプレイ。好きだけど勝てないゲーム。

もうすぐ帰られるという方がいたので、今回は3ラウンド。3ラウンド中、2ラウンドがなんと最強色が1枚もないという残念な手札。ダブルアップもあまり発動できなかったけども、この前の調布の時よりも多少の頑張りを見せてマイナス78点。うん、それでもひどい。

タマゴリッチ

20150711_close09 隙間に挟み込んだ、タマゴリッチ。同人ゲームの中でもかなり好きな方。バッティング系のゲーム。

キーとなるのがSKIPカード。琥珀を取るためじゃなく、人の袋を破る可能性も秘めている。どのタイミングで使うかが重要。ある程度袋にタマゴが入っている状況になると、お互いの場を見つつ何を出してくるかという読み合いが楽しい。

今回トップ走っていたプレイヤーをSKIPによって袋を破ることに成功するも、残った袋にタマゴがぴったり入っていてトップ独走のままでした。

コンコルディア

20150711_close011 最後に5人でのコンコルディア。重量系のゲームだけどもルールはそんなに多くない印象。

まずは金策の為に織物の都市を目指す。近場よりも1歩遠いところに属州またいで織物と赤レンガ都市が得られるところがあったので、初手護民官の入植者増量。次に建築家で建てに行く。離れたところだっただけに、幸いにも織物都市には誰も商館置いてなかったので、追加コストなしで建てることができた。ここを起点に長官で属州活性させては織物ゲットして商人で売って、手に入れた資金で他のリソースを得ては、全属州に商館を建てていくという感じで展開。途中、商館建てることに夢中になって属州系カード回収がおろそかに。計5枚(初期1枚)獲得できて、得点135点でトップ!もうちょっと何かできそうだったけども、たぶんこれでよかった。 今回はこんな感じでした。ゆるゆる遊べて満足!今日思ったのは、ゲーム持ち込みすぎると他の人の持ち込みゲームに混ざれないということ。持ち込みはほどほどにしとこう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. oki.
    • July 15, 2015 00:04
    • ティタニアなのですが、船を同じマスに二色各一コマずつ置けるというルールは適用してました? 今回たまたま綺麗な盤面なのかもしれないですが。前半後半で全然違う展開で面白いですよねー。
    • 2. おばれい
    • July 15, 2015 01:31
    • やってたよー。ただ、各色が各々の方向へ進んでいっちゃったので、綺麗な盤面になってますw
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット