夜勤明けだったけども、ボドゲ欲が睡眠欲を上回ったので参加しました。マルコポーロぉぉぉ!

さて、今回プレイしたゲームは…
  • マルコポーロの足あと その1
  • マルコポーロの足あと その2
  • マルコポーロの足あと その3
  • ★ ラストチャンス
  • スカルキング

マルコポーロの足あと その1

20150624_suiyou1 キャラクターはメルカトル(市場おこぼれ)。初のキャラ。

市場のおこぼれならば、契約プレイでしょう。ということで移動はあまり頑張らずにプレイ。といっても、都市アクションが重要なので、リソースがもらえそうなアクションを狙って進む。が、進む方向見誤ったね。ラクダ3つを1セットリソースもらえるやつが欲しいなぁと思ったけども、そのためにインド洋渡る必要なかったw 素直に上ルートいって、ダイス1つで絹もらえるのと、お金でリソース買えるとこの方が使い勝手良さげでした。

どうもメルカトルがいると、周りが市場使ってくれない。あと都市アクションにリソースもらえるのがあると、そこ使うようになるからかなり厳しいね。ラクダは結構もらえるけど。

51点の3位。

マルコポーロの足あと その2

20150624_suiyou2 キャラクターはルブルック(黒交易所のやつ)。初のキャラ。

通過しても交易所が建てられるならば、突っ走るしか!それには資金源が必要でしょう。という会話から、ボード上には2箇所良さげな都市アクション。ラクダと金塊で9金(下ルート)か、ダイス目×2金(上ルート)か。ここは交易所が多く建てられ、かつ途中の小都市でラクダ3つがある上ルートを選択。これらのおかげで結構楽にコマを爆走させることができて、無事11個建て切った。

契約タイルもそこそこ達成できて点数稼げたおかげでで86点の1位。2位が70点まで来ているので、点数の稼げる場だったようだ。あぶない。

マルコポーロの足あと その3

20150624_suiyou3 キャラクターはニッコロとマルコ(2つのコマ使うやつ)。

もうね、場とキャラを見る限り何をしていいのか、さっぱりわからず。せっかくの2コマなのに3ラウンド目までスタート地点で引きこもりですよ。ダメダメ。

お金が全くない状態が続いていたので移動ができず。諦めて市場でリソース稼いではせっせと契約達成。

なんとか57点まで伸ばしたけど、都市アクションで資金源確保できてたトップが80点以上獲得。うーん、資金源って大事。3位。

ラストチャンス

20150624_suiyou4 初プレイ。6人でのプレイ。

お題カードに「ダイス目の枠」「挑戦回数」「報酬」が書かれていて、親は1度だけダイスを振る。出た目をお題カードに乗せ、残った枠を挑戦回数内に埋める権利をまず競る。競り落とした人が挑戦権を獲得して、そのあとその挑戦者が成功するか否かを他のプレイヤーが賭ける。賭け終わったら挑戦者がチャレンジ。成功したらそれぞれ報酬もらい、失敗だったら失っていくという具合に進むゲーム。

タイトルにもなっているラストチャンスという権利がそれぞれ持っていて、挑戦権を競ってるときに宣言すると全額賭けの代わりに即時で挑戦権が競り落とせる。成功すれば報酬もらえるけど、失敗すると脱落という感じ。7回?くらいやってお金が多い人が勝ち。

これはかなり面白かった。自分ではダイスゲームの中でも結構上位に入りそう。

スカルキング

20150624_suiyou5 半年くらい前に1度やってイマイチな印象だったこのゲームを再戦。

勝ち数を予想してプレイするトリックテイク。途中までトップ争いしてたけども終盤に予想を外して脱落。あとちょっとだったのに!

今回プレイした感じだと面白かった。前回のイマイチ感はなんだったんだろう。ルール間違ってた?とは思えないけど。巻き気味でサクサク遊んだからかな?不思議。

今回はこんなところ。マルコポーロ3回連チャンはさすがに頭痛くなりました。面白いからいいけどね!