ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
2

ビーバー建設会社、設計図に合わせた家を建てていくバースト系のゲームです。

biberbau1
タイトル ビーバー建設会社 (Biberbau & Co.)
デザイナー Michael Schacht
メーカー HABA (2013)
プレイ人数 2〜4人
プレイ時間 〜15分

ゲームの簡単なルール紹介

biberbau2
  1. 各自に設計図3種とハムスターコマを配り、建物カードを全てシャッフルして山札にします。
  2. ゲームは手番を順番に回して進みます。手番では、まず山札からカードを引きます。引いた後、さらに引くかやめるかが選べます。
  3. さらに山札からカードを引き、既に引いたカードと同じカードが出てしまったら、既に引いているカードを他のプレイヤーへ時計回りで1枚ずつ配ります。
  4. 違うカードだった場合は、さらに手番を続けるかやめるかが選択できます。
  5. やめる場合、自分の手持ちにある設計図に割り当てます。設計図は各自2、3、4階建てをもっており、引いた枚数に一致する設計図へ割り当てたら得点となります。割り当てたらその後、同じ設計書に割り当てることはできません。
  6. 各自、ハムスターコマを持っていますが、これは手番開始時にハムスターコマを使うことを宣言して使用します。ハムスターコマは1〜5階の設計図と同等に扱い、どの枚数でやめても得点となります。ハムスターでの挑戦中、他の設計図に割り当てることはできません。
  7. これらを繰り返し、一番多く建設できたプレイヤーの勝利です。

リプレイ&所感

biberbau3
★ ★ ★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★ ★
会話
★ ★ ★
2人でプレイ。

手番でやることは山札からカードをめくるだけ。それぞれ手持ちにある設計図は2、3、4枚なので、当然最初から4枚を狙う。意外にも3枚まではすんなりめくることができ、この調子ならば4枚いけるだろうと思って引いてみると、不思議と大抵アウト。でもやはり次の手番であっても3枚まではスムーズにめくれてしまうので、今度こそ行けるだろうという気持ちから4枚目をめくるとやはりアウト。ある程度、学習しないと勝てないようです…w

カードをめくるのは1箇所の山札からのみなので、運要素がかなり強い。あとはどこで降りるかという判断力が試される非常に単純なゲーム。さすがキッズゲーム、ルールが非常にシンプルです。大人がやるには、もう一捻り何か欲しい気がしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット