わんぱく船長は、ババ抜きのように他のプレイヤーの手札からカードを引いいて、自分の海賊コマを進めていくレースゲームです。

wanpaku1
タイトル わんぱく船長 (Kapt'n Klabauter)
デザイナー Susumu Kawasaki
メーカー HABA (2012)
プレイ人数 2〜5人
プレイ時間 〜15分

ゲームの簡単なルール紹介

wanpaku2
  1. 場にコースカードを並べてコースを作り、最初のカードの手前にコマを置きます。各自に手札として海賊、オール(1、2)の計3枚を配ります。
  2. ゲームは手番を順番に行います。手番では、他のプレイヤーの手札からカードを引きます。
  3. 引いたカードがオールカードだった場合、さらにカードを引くか、引くのをやめて引いたオールカードに書かれている数字分、自分のコマを進めるか選べます。進む場合は引いたカードを全て手札に加えます。
  4. 引いたカードが海賊だった場合、直ちに手番が終了し、引いたカードはそれぞれ元の持ち主に戻ります。
  5. これらを繰り返し、いち早くゴールの島にたどり着いたプレイヤーの勝利です。
  6. ※コースカードには特殊なものもあります。

リプレイ&所感

wanpaku3
★ ★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★ ★ ★
会話
★ ★ ★ ★
2人でプレイ。

すごろくやの500円ゲーム「進め!海賊さん」をHABAがアレンジした作品。元々は2人専用だったと記憶しているが、今回のアレンジで5人までプレイが可能になった。

システム的には、ババ抜き+すごろく。非常にわかりやすいルールの組み合わせなので、子供でも十分楽しめると思う。

コマを進めるとき、引いたオールカードは手札にはいるので、大きく前進できたプレイヤーの手札にオールカードが集まる。手札にオールカードが多いと周りの手札には少ないということになるので、うまく進み具合のバランスが取れているように思える。が、プレイ人数が多くなったせいか、進むときはえらい進んでしまうので、バランス調整が雑に感じられる。プレイするなら2人か3人が楽しめるかな。面白いです。