ドラコは、ドラゴン vs ドワーフの対決をテーマにした2人専用のゲームです。

drako01
タイトル ドラコ (Drako)
デザイナー Adam Kałuża
メーカー REBEL.pl(2011)
プレイ人数 2人専用
プレイ時間 〜30分

ゲームの簡単なルール紹介

drako02
  1. プレイヤーそれぞれどちらが「ドワーフ」か「ドラゴン」を担当するかを決め、その勢力のカードを全て受け取ります。ドラゴンのコマはボードの中央に置き、3体のドワーフのコマは任意の場所に置きます。受け取ったカードを全てシャッフルし山札を作り、そこから初期手札として4枚引きます。
  2. ゲームは手番を順番に回します。手番では「山札から2枚引く」「手札をプレイする」の2択から2回アクションを行います。
  3. カードには「攻撃」「防御」「移動」「特殊能力(ファイヤーブレス、ダブルアタックなど)」など様々なアクションがアイコン化されており、カードにはいくつかのアイコンと数値が記載されています。プレイする際は、その中から任意のアクションを1つ選び実行することになります。
  4. ゲームは、以下のいずれかの条件が満たされたとき終了します。 ・ドワーフ / ドラゴンいずれかのHPがなくなったとき(生き残った方が勝利)
    ・ドワーフの山札と手札が尽きてもドラゴンが倒せなかったとき(ドラゴンの勝利)

リプレイ&所感

drako03
★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★
会話
★ ★ ★
2人でプレイ。今回はドワーフを担当。

ドラゴンはファイヤーブレスという凶悪な特殊攻撃を持ってたり。その効果は、直線上のドワーフにダメージを与えるというもの。非常に強力な範囲攻撃なので、それを食らわずに攻められるよう、要は直線上にコマが並ばないように立ち回る。なるべく攻撃をして防御カードを捨てさせ、手札を減らすように仕向ける。ダメージ関係なく1単体からの1回の攻撃は1回の防御で回避できるので、手札を減らすにはダブルアタック(ドワーフ2体での攻撃)が有効。

よい感じにダメージが入るようになってきたところで、単体で強力な近接攻撃を入れていき追い込む。まずはファイヤーブレスを使用不能にさせ、続けて翼、最後に足を破壊してトドメとさし勝利。

ドラゴンは近接攻撃も威力が高いので、どこでダメージを受けて、どこで防御するかという、ダメージ管理が面白かった。今度はドラゴン側で再戦してみたい。