ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
3

ネプチューンは、地中海を舞台に、商品を指定された都市へ船を使って運び、収益や神の恩寵を得て勝利点を稼いでいくゲームです。

neptun01
  • タイトル  ネプチューン (Neptun)
  • 作者    Dirk Henn
  • メーカー  Queen Games (2014)
  • プレイ人数 3〜5人
  • プレイ時間 〜45分

ゲームの簡単なルール紹介

neptun02
  1. 各自、船コマ、契約マーカー、初期手札を受け取ります。各神殿に自分のカラーの神殿マーカーを、スタートの都市に船コマを置きます。
  2. ゲームは1ラウンド3フェーズ(契約の獲得、契約の達成、得点計算)あり、これを3ラウンド行います。
  3. 契約の獲得フェーズでは、プレイヤー人数+1枚ある契約から1つ獲得し、自分の契約マーカーに配置します。配置とは何番目にこの契約を達成するかというのを考えて配置する必要があります。これを計5ターン行い、契約マーカーを全て埋めます。
  4. 契約の達成フェーズでは、各自手札からオールカードをプレイし、オールの数値とその時の風力を足した値の距離だけ船コマを動かし都市間を移動することができます。風力はプレイヤーがプレイするオールカードの風力の数値で毎回変わります。
  5. 着いた先が契約ある都市だった場合、契約達成となり、お金か神殿ポイントどちらかを得ます。(契約カードの左側の商品ならばお金、右側なら神殿ポイント)。契約が達成出来るたびに3コイン払うことで、神殿ポイントを1獲得することも出来ます。契約を5つとも達成出来た場合、ボーナスが貰えます。
  6. 得点計算フェーズでは、各神殿の神殿ポイントの順位で勝利点を獲得できます。ボード上の左下の神殿だけは神殿ポイントではなく、その時の残金の高い人から勝利点が貰えます。
  7. これらを繰り返し、勝利点を最も獲得したプレイヤーの勝利です。

リプレイ

neptun03  5人でプレイ。

何度かプレイしたけども、毎回何かしらルールを間違えてたけどもやっと正規ルールでプレイできた。

まずは契約の獲得。狙いは神殿ポイントが得られるやつなんだけど、まぁ狙いはみんな同じなわけで、いいやつは先に持っていかれる。プロットは1から順番にしなくてもいいので、まだ1つ2つ程度の契約ならば、都市はどこでもいい。

ある程度契約を獲得すると、どういう航路で進むかが見えてくるので、その航路にある都市の契約を獲得すれば良い。が、契約内容はランダムなので、そううまい話はあまりなかったり。

5つの契約を全部達成するのはなかなかハードルが高いとう印象。ボーナスはたったの2点だから、無理して達成しなくても良いかも。それよりも神殿で得られる勝利点がなかなか高い点数なので、そちらをメインに狙った方がよいと思う。

プレイ感はややライトな感じ。というか、契約の獲得がメインイベントで、契約の達成は他のプレイヤーとの干渉はほぼないので、作業感がハンパなかった。

ゲーム内容は悪くはないしと思うし、面白かったけど、どうもパッとしない作品でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット