ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
5

勝利への道は、ダイスを振り出た目分、自分のコマか動かせる中立のコマを進め、得失点となるタイルを獲得していくすごろくタイプのゲームです。

201504_bdg01
タイトル 勝利への道 (Verflixxt!)
デザイナー Michael Kiesling
Wolfgang Kramer
メーカー Ravensburger (2005)
プレイ人数 2〜6人
プレイ時間 〜30分

ゲームの簡単なルール紹介

vic02
  1. 各自、自分のプレイヤーカラーを決め、コマを全て(3個)スタートタイルに乗せます。
  2. 得失点となるタイルをルールに従って並べ、すごろくのマスを作ります。
  3. 手番ではまず、ダイスを振ります。出た目の数だけコマを進めることが出来ますが、自分のコマならばどれを進めても構いません。
  4. コマを進める際「タイルから出た最後のコマ」であった場合、そのタイルを獲得します。中立コマがあれば、まだコマがあると判定します。獲得されたタイルの場所は以降スキップします。
  5. 中立コマは、そのタイルに誰でもいいのでプレイヤーコマがある場合のみ、動かすことができます。中立コマだけの場合は動かすことが出来ません。
  6. これらを繰り返し、全員の全コマがゴールに着いたらゲーム終了です。
  7. 得点は単純に足し引きして求めますが、特殊なクローバータイルを持っている場合、クローバー1枚につきマイナスタイル1枚をプラスに変換出来ます。
  8. 総合計の高いプレイヤーの勝利となります。

リプレイ

vic03
★ ★ ★
テンポ
★ ★ ★ ★
会話
★ ★ ★

5人でプレイ。

ルールは至ってシンプル。ダイスを振ってはコマを進める。ただそれだけなんだけど、どのコマを動かし、どのタイルを得て、どのタイルを諦めるかという選択肢があるのでとても悩ましい。誰しもがマイナスでは誰よりも早く抜け出し、プラスでは誰よりも遅く抜けようとする。要は遅あがりが有利なので出目は小さくて良いわけだけど、そこはダイス。そううまくはいかない。

中立コマも面白い。マイナスでは自分のコマがいるとこに持っていけばタイルを取ることが防げる助けとなり、プラスではタイル獲得の邪魔になる。条件さえ満たしていれば誰でも中立コマを動かすことが出来るので、自分のコマを動かさずに済み、お茶を濁すことが出来たり。

大人数でやるとちょっとグダる可能性はあるが、ルールのシンプルである点、適度な悩ましさある点で、比較的初心者さんに好評のゲーム。

箱のデザインからなんのゲームか想像できないのが残念だけども、オススメゲームです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット