ボドゲなチラ裏

ドイツゲーム、アナログゲームのプレイ記を基本に書いていきます。チラシの裏です。


総訪問者数
  • 累計:


記事検索
3

ウボンゴ エクストリームは、パズルゲームのウボンゴシリーズの1つで、ヘクサが連なったタイルを問題ボードにいち早く置き切ることを競い、得点していくゲームです。
 

ubongoex01
  • タイトル  ウボンゴ エクストリーム (Ubongo Extreme)
  • 作者    Grzegorz Rejchtman
  • メーカー  KOSMOS (2007)
  • プレイ人数 2〜4人
  • プレイ時間 〜30分

ゲームの流れ

ubongoex02
  1. 各自問題ボードを受け取ります。
  2. 場に青と橙の宝石を9つ並べ、他の宝石は袋に入れておきます。
  3. 別の布袋から順番にトークンを引き、その色の問題ボードに記載されているパズルピースを受け取ります。
  4. 全員受け取ったのを確認してゲームスタート。一斉にパズルを解きます。
  5. パズルを解くとは、問題ボードの白抜きになっている部分をピースで埋めるということです。
  6. 解けたら「ウボンゴ!」と叫び、解けたことを知らせ、砂時計をひっくり返します。この砂時計が落ち切るまでが得点を得られる猶予の時間となります。
  7. 解けたのが1番手だったならば、場にある青の宝石と1つと、袋から宝石をランダムに1つ引きます。これが得点となります。
  8. 2番手は場の橙1つと、袋から1つ。それ以降は袋から1つのみとなります。
  9. これを9ラウンド行い、得点が一番高かったプレイヤーが勝者となります。

リプレイ

ubongoex03
パズル好き4人でプレイ。
パズルゲーム好きなので、これもイケる!と思ってのプレイだったのだが…。

A「ウボンゴ!」
B「ウボンゴ!!間に合ったー。」
「…解けない。」

C「ウボンゴ〜♪」
A「ウボンゴ!!ぎりぎりー。」
「…解けません;;」

ウボンゴとかウボンゴ3Dは得意なんだけど、これはダメ。苦手すぎる。唯一できたのが写真のやつ。くぅー!パズル好きとしては悔しい!なんでヘクサになるとこうも難しく感じるのか。不思議です。もちろん、惨敗でした。




ミニもあるよ!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット