拡張が出尽くした新たな拡張が発表されたデックビルドカードゲーム "ドミニオン"。カードの種類は200種以上、総数は約2500枚。箱も大きく数もたくさんあるので、プレイする度にわざわざ個々の箱を開けるのも大変。ということでこのほど私が実践した収納をご紹介したいと思います。プロモカードが手に入った記念ということで。

まずドミニオンの収納で考慮する点は、スリーブ「あり」か「なし」ですね。スリーブなしであれば、迷わず "すごろくや" さんのドミニオンパンツ、ボックスが最適です。テキストがわかりやすくなり、出し入れが楽になりますのでオススメ。

で、問題がスリーブありの場合です。前述のパンツだとスリーブに入れたカードは考慮されていないサイズなので、パンツが使えません。もともとの箱にも入らないです。ではどうするか。 ご紹介します。

ステップ1:スリーブ選び

ステップ1というより前提なのかもしれませんが、我が家でドミニオンに使用しているスリーブは「HOBBY BASE」さんのユーロサイズ・ハードです。ソフトと悩んだのですが、ソフトだと角が丸まってしまうことがあったので、ハードサイズを選びました。ソフトより割高なのが難点ですね。

ステップ2:カードをまとめる

出し入れをしやすくする為に、パンツのようなことをします。こちらを参考にさせていただきました。
まりままさんのブログ:ドミニオンの収納について。

よくボドゲに使うチャック付き袋のチャックの部分を切り落とし、その袋にスリーブ入りのカードを収納するという術です。まりままさんのところでは、厚0.04×横70×縦100 サイズのものを使っていますが、私は 厚0.08×横70×縦100 を使用しました。厚さが増すことで袋の形崩れの防止と、ハードスリーブのものを袋に収納する際の傷つき、破れ防止を考慮しました。

dominion_pack01

この袋では、ハードスリーブ付きで12枚までぴったり収納できるので、勝利点サプライカードもいけます。


  dominion_pack02

大きさはこれくらい。

dominion_pack03

パカッと、こんな感じで切ってしまいます。

dominion_pack04

スリーブ入りのカードを入れるとこんな感じ。

dominion_pack05

横から見るとこんな感じ。

dominion_pack06

上から見た感じ。ピッタリ。袋の端をつまんでひっくり返せば、スルスルーっとカードが出てくるので出すのも楽チン。

ステップ3: 袋にインデックスシールを貼る

dominion_pack07

これもまりままさんのブログを参考にしていますが、自分でインデックスシールを作ってみました。シールには、カード名、よみ、コスト、拡張セットを記載していて、後とも同じ内容を印字しています。

dominion_pack08

袋に貼り付けると、カードが中に入っていることによる袋の膨らみがいい感じにインデックスを斜めにしてくれるので、斜め上から綺麗にインデックスが見ることができます。あとは、これらを箱に収めれば完了です。ドミニオンボックスだとちょっとギリギリなのでイエサブなどで売っているカードストレージを使用するのが良いかと思います。

インデックスに関しては、後々データを公開しようと考えています。いくつか足りないものがあったので、それの追加とPDF化がうまくいかないので、それが解決したらということで。

インデックス公開しました!こちらからどうぞ。


我が家では、ドミニオン用の収容ケースを鋭意作成中なので、できましたらご紹介したいと思います。