インフェルノは、場に出ているカードに対し手札を順番に出し続け、出せなくなった人が場のカードをペナルティとして受けるゲームです。よくUNOに似ているという話を聞きますが、プレイ感覚はそうかもしれませんが、私的にはUNOより遥かに面白いです。

inferno01
  • タイトル  インフェルノ (Inferno)
  • 作者    Reiner Knizia
  • メーカー  Piatnik (2005)、テンデイズゲームズ (2014)
  • プレイ人数 3〜7人
  • プレイ時間 〜30分

基本ルール

inferno02
  1. 全カードをシャッフルして各プレイヤーに12枚配る。余ったカードは山札としてテーブルに置いておく。
  2. 適当な方法でスタートプレイヤーを決め、スタートプレイヤーは手札から任意の1枚を場にプレイする。
  3. 時計回りに手番を回していき、手番となったプレイヤーは、スタートプレイヤーがプレイしたカードの "同じ色" か "同じ数字" のカードをプレイしなければならない。次のプレイヤーも同様、スタートプレイヤーがプレイしたカードに対してプレイしていく。もし、プレイできない、プレイしたくない場合は、失点として場にプレイされているカードを全て受け取る。
  4. 場のカードを受け取る際、プレイされているカードの枚数が3枚ない場合は3枚になるように山札から追加して受け取る。 
  5. 失点の計算は、赤以外のカードはどんな数字であろうと1枚1失点、赤は記載されている数字が失点となる。
  6. プレイヤーの1人が手札が0枚になり、次誰かしら失点を受けたらラウンドが終わる。
  7. これをプレイヤーの数だけラウンドを行い、失点数を競い合う。

リプレイ

inferno03最大の7人でプレイ。
場に赤いカードが1枚でも出てくると、乗るか反るかを迫られる。乗って赤いカードを続けて出して大失点を誰かに押し付けてもいいかなと思うのだけど、ここで一旦待たなければいけない。そう、もう1周してきた、もう2周してきたときに避けられるかと考えなければならないのだ。意外とカード出せてしまうときもあるから、2周くらい想定しておかないと後で涙目な展開になってしまう。内心は「回ってくるな…、回ってくるな…」と念じながら場の流れを見守るも、回ってきて出せなければ潔く失点を受けよう。なんでこんなこと書いているかというと、そういう展開になってしまったから!ぐぬぬ…状態でした。7ラウンドやって135失点を記録。悔しい!

スタートプレイヤーが赤カードなんか出したら場は大荒れ&大盛り上がり。ルールも単純明快でインストも簡単。初心者さんもルール聞くの退屈にはならないかなと思います。カードも質もよくお値段もリーズナブルなのでオススメです。
逆に欠点かなーと思うところは、人数分ラウンド行うので何度もやってると作業感が出てくるところかな?